ハワイアンジュエリーをハワイ・ワイキキで手作りできる体験教室【メモリーズ】です。ハワイオプショナルツアーとして好評をいただいております。

「メモリーズ」手作りハワイアンジュエリー体験教室 サイトマップ お問い合わせ English site アートクレイシルバー

ハワイの基礎知識

ハワイ語
ハワイ語は、ハワイ諸島先住民のポリネシア人であるハワイ人の先祖代々の言語です。
英語とともにハワイ州の公用語に指定されています。
ハワイ語は、サモア語、マオリ語などのポリネシア語とごく近い関係にあり、 一部のアジア南部やマダガスカルの言葉と、やや遠い「親類関係」にあたります。
ハワイアン・クレオールとも呼ばれるハワイの混成語は英語を元にした言葉で、 ハワイ語や、製糖・パイナップル栽培等の為に雇われた日本人や中国人を主とする 移住民が持ち込んだ、アジアの言語からも一部の語彙を借用しています。

・アロハ…愛、(挨拶で「よろしく」「さようなら」「ごきげんよう」)。共感、配慮、同情、親切。
     そのほか、生きる喜びを分かち合う事に関して意味を多く持ちます。
・カイ……海
・ホヌ……亀
・ホク……星
・ラー…太陽
・マヒナ…月
・ワイ……水


ハワイの歴史
地球の奥深くのマグマが噴出し、その溶岩で出来たハワイ諸島。
現在は8つの島・130近くの小島や岩礁からなるハワイ州ですが、約500万年前に誕生したカウアイ島が一番古く、ビッグ・アイランド(ハワイ島)が生まれたのは約10万年前とされています。
紀元500~700年にポリネシア人が最初に上陸、その後タヒチ人が大量移住。
1778年には英国の探検家ジェームズ・クックに発見され、西洋文化が入ります。
1810年にハワイ王朝が誕生し、後にハワイもサトウキビ等国内産業を輸出し、1850年代以降のハワイは多くの外国人を移民として受け入れることになりました。
ハワイ王朝終焉の後、1898年にハワイはアメリカに併合された後、アメリカ合衆国50番目の州となります。以降、産業の中心も農業から観光へと移り「リゾート・アイランド」として世界に名を馳せるようになりました。
しかしハワイはリゾートだけではありません。
様々な民族から得た文化と古来の文化を融合させた、ハワイ独自のユニークな文化を作り上げてきた、深い魅力のある「伝統の島」として、現在に至っています。


ハワイアンスピリッツ
かつてハワイでは、ポリネシアン文化の元で、森羅万象のすべてに神様が宿るという思想が浸透していました。
戦の神「クー」、創造の神「カネ」、豊穣と収穫の神「ロノ」、海洋や暗闇を司る神「カナロア」の四大神をはじめとし、様々な神が信仰の対象でした。
身近にヘイアウと呼ばれる神殿や祭壇を作り、神々に祈りや踊りを捧げることで、神の力を自分たちに取り入れようとしていました。

当時、人々は貨幣を持たず、川を中心とする山の頂から、海岸まで続く扇状の土地を一集落として、小集団で自給自足で生活していました。
畑から出た泥水は地下を通して海に流したり、飲料水の確保のため、川の上流部は立ち入り禁止にしたりと、エコロジーな発想が、その生活の中に根づいていたようです。
できるだけ自然を破壊せずに、神の恵みとして食物をいただき、薬草を採り、すべては神の宿る大地に再び返すと、また恵みを得られるという思想が、古代のハワイアンに浸透していたのです。


ハワイの食文化
ハワイの現在の食生活は、移民時代の頃に多人種文化の影響を受けたものをベースに、近代の新しい料理やアメリカンフード、ファーストフードを加えた豊かな食スタイルです。
それに対し、伝統的ハワイアンフードは「シンプルで栄養価が高くヘルシー」がコンセプト。伝統的ハワイアンフードは、今でもハワイの食生活に、無くてはならない存在です。
現在もハワイのローカルが、誕生日や卒業式、結婚式や記念日等で大きなパーティを開く時の人気メニューは、伝統的ハワイ料理を揃えたルアウなのです。
ルアウで欠かせないメニューは、1匹の豚を丸ごと使い、イム(土を掘り作るオーブン)で調理する「カルアピッグ」。
タロイモの若葉で包んだ肉と魚の蒸し焼き「ラウラウ」。
トマトと鮭のサルサ風料理「ロミサーモン」。
春雨と鶏肉の煮込み「チキンロングライス」。
ココナッツミルクのデザート「ハウピア」。
タロイモの根を蒸してペースト状にした「ポイ」。

タロイモは、古代から現在までハワイの主食で、ハワイのソウルフードと称されます。
古代ポリネシア人が移住の際運んできた食用の植物で、ハワイの風土に最も早く順応したのがこのタロイモでした。タロイモは新天地ハワイで最も重要でハワイ文化を象徴する食物になりました。鉄分、カルシウム、ビタミンCとAが豊富な、優れた炭水化物食品です。

基本的にハワイ伝統の調理法はとてもヘルシー。
主食は栄養的にも万能食品のポイ。
そして新鮮なものは生食で、調理が必要なものはイムで蒸し焼き…と健康的です。
豊かな魚介類・肉からたんぱく質をとり、主な野菜はビタミンが豊富なタロイモの若葉ルアウをメインの緑黄野菜に、バナナやココナツ・ラズベリー・イチゴ・マウンテンアップル・サトウキビ等で果糖類をとり、非常にバランスの良い食事でした。
保存や調味には海のミネラルたっぷりのハワイアンソルト、味付けにはククイナッツの実で作るイナモナや海草を使い自然の恵みをそのまま取り入れる食生活だったようです。


ハワイの祝日
主な祝祭日として

1月1日 元旦
7月4日 アメリカ合衆国独立記念日
1月第3月曜 キング牧師誕生日
8月第3金曜 州政施行記念日
2月第3月曜 プレジデンツ・デー
9月第1月曜 労働者の日
3月26日 プリンス・クヒオ・デー
10月第2月曜 コロンブス・デー
イースター前金曜 聖金曜日
11月11日 退役軍人記念日
5月最終月曜 戦没将兵記念日
11月第4木曜 感謝祭
6月11日 カメハメハ・デー
12月25日 クリスマス
以上があります。
※銀行や官公庁は基本的に土・日曜日がお休みです。
銀行の営業時間は、8時30分~15時(金曜は~18時)。
ショップは一般的には10~19時前後ですが、観光エリアでは21時〜23時頃まで開いている店も多いようです。
レストランの営業時間は店により色々ですが、ディナーができる店は、大体22時頃まで営業しているようです。
年に4回のビッグ・ホリデー
(1月1日:元旦、7月4日=米国合衆国独立記念日、11月第4木曜:感謝祭、12月25日:クリスマス)の日は、休みだったり営業時間を短縮する店もあります。


 

hawaii